すぐ良くなる人となかなか改善出来ない人の特徴

トータル健美ゆあんにでは改善までの道のりがとても長い方がお見えになることが多いのですが、
中には数回の施術セッションによって劇的に改善をしていかれる方もいます。


そのような方の特徴として、

自分のことを大切に思っていること

自分の体を改善させようという行動を行えること

そして変化していく体に対して良くなった場所を見つけていくができます


逆になかなか改善が進まない方は

自分の中にある常識をなかなか手放せない事

他人や物に依存的な事

少し良くなってもまだ悪いところを探す事があげられます。

症例

腰痛に悩まされて2年間、週4日整形外科に通い牽引をしていたけれども牽引をしてもらった時は少し調子が良いものの朝起き上がる頃には痛くて動き出しが非常に困難になっていました。ご自身で毎朝ストレッチや散歩を習慣にしていましたが徐々に痛みは増していっておられました。

施術とセルフケア、立方、歩き方でセッションをしましたところ、回を追うごとに劇的に改善をすることができ、2ヶ月半で5回のセッション後には起き上がるときに痛みもなくスムーズに起き上がれるようになりました。今では一駅痛みも無く歩けるようになったとの事です。


こちらのクライアントさんはセルフケアの方法をお伝えしたときに無理のない範囲で淡々とご自身に向き合いケアができていました。完全では無いにしてもここが良くなった、あそこがこのように良くなったと常に報告してくださいます。