側湾症や肩関節の調整を肋骨から

今まで数々の手技療法の施術を体験したり習ったりして来たのですが、肋骨全部を動かして胸腔の形を変えるようなテクニックはなかったんです。なんでだろう。

でも、胸の空間の形がどうであるかは
腕がどの位置にぶら下がるかに影響して行きますし、
胸椎の形から骨盤、足の歪みにも繋がっています。

わかりやすく側湾している場合は、肋骨はもうぐにゃぐにゃにひん曲がった状態になっているので、
肋骨全体をグワンと元に戻してあげるととりあえず傾きは改善されます。

今日は肩関節から腕が引っ張られて前後上下、どこに腕を持って行っても痛い方の施術をした時、
肋骨も合わせて元に戻すとあんなに引っ張っていた肩が解放されました。

この肋骨を動かすテクニックは私の体も胸部が潰れていてなかなか広がらずに呼吸でなんとかならないかあれこれやっていた経験と、体を少し上に持ち上げて流れを作る手技の複合で作った新しい技です。

最近では肋骨を大まかに整えてから他の細部を施術すると、ボディの流れが取れているので体が簡単に動いてくれていい感じです。