頭の先から足の先まで全身バランス施術

筋骨格系の施術をするときは基本的に頭から足の先まで整えます。

体は全部つながっていますから、
直接全部を触らなくても、
整える部位に対して離れた場所からアプローチしていることはよくあります。

例えば頭を触って頭蓋の形を整え、動きを調整して脳の緊張を取っていくと、

主に体の背中の筋肉や背骨の関節が柔軟になり、

脚に影響が出ていた方は
足首を引っ張り上げていたアキレス腱がゆるんで
クライアント様は自分で足首をくるくる回したくなるし、足裏をグーパーしたくなります。

腕に影響が出ていた方は
手のひらや手首がピクピク勝手に動き出しはじめます。

なるべく骨盤の高さや角度のバランスを取って
脚の長さを揃えます。

肩甲骨や胸椎、肋骨を整えて呼吸をしやすく。

手の握り締め、肘関節の動き、二の腕の硬さを
上半身の全体のバランスを取りながら調整して行きます。

筋肉骨格は柔らかい組織を入れる為の箱のようなイメージです。

外側の箱が整ったら今まで見えてこなかった
内臓の弱さやメンタルで引っかかっている感情面などがクローズアップされてきて、
そのバランスを取ることもしばしばです。

内臓についてはまた別の記事で書ければなと思います。