老いをあきらめて行くのではなく

先日、ある方と親の介護の経験談から老化についてお話をしました。

その方は100歳を超えたお母様を看取り、ご本人も75歳になられる方です。

 

「老いていく母親が自分に見せてくれたものは、

年齢を重ねるごとに体の機能が衰退していく中、しょうがないとあきらめていくのではなく、受け入れて行く事。

そして自分もそうなる事を受け入れていく。」

というお話でした。

 

人が『あきらめる時』

同時に、「あきらめたくない」「情けない」「まだ出来る」

と頑固に拒否反応して、その事に目を向けないようにします。

 

一度『受け止められる』と

「現状どこまで出来ているのかな?」「これからどこまでやれるかな?」「人の話を聞いてみよう」

と今のあるがままを受け入れ、そこを出発点に前進しようとします。

 

 

医者や看護師、福祉のサポートなどのサービスについても

あきらめている人は、しょうがなく他人のいいなりでサポートを受けている感覚ですが、

受け止められている人は、自分の意思でサポートやアドバイスを求め協力してもらおうという感覚です。

 

 

ただ目的もなく、ぼーっと生きて行くのでは時間がもったいない。

まだ生かされる命。

さて、明日はどんな事をやろうと思いますか?

 

素敵な1日になりますように💖