歪みのない体は寝転がっている時も立っている時と同じ角度

ゆあんにのサイトにお越し頂きありがとうございます。
皆様の日頃のケアに少しでもお役に立てると嬉しく思います。

まっすぐで歪みの少ない身体は寝転がった時に
立った時とほぼ同じような関節の位置、角度になります。

その時ビシッと力を入れているわけではなく、
リラックスして脱力した状態でも
立っている時と同じように寝転がれます。

つまり、まるで立っているように脱力して寝転がれる人は
立った状態の時にも
重力を味方にしてリラックスして立てるということになります。

そうなれたら、立っているだけで美しい。
理想のフォルムですね。

今回は寝転がることによって体にかかる重力の向きを変え、
床面をうまく利用して
骨盤、背中、脚、足首まで緩めて整える方法をお伝えしました。