調子が悪くて休みたい時ほどレッスンに参加したい

コンディショニングレッスンの内容はセルフ整体、セルフコーチング

次のレッスン、どんなことをお伝えしようかな?

私は自分の生活の中で常にアンテナが立っているので、これ面白そう!と思ったらすぐに自分に落とし込んで自分の言葉として伝えられるようにしています。

定期レッスンに来てくださる生徒さんとは毎回のレッスンでコミュニケーションを取っているので、生徒さん達がどんな体や心の状態なのかある程度把握した状態であらかじめレッスンを組み立てて行くんです。

それでもいきなりは体を動かしません。

まずは今の体の調子やいろいろな質問前回のレッスンから今回のレッスンまでに起きた出来事など、皆さんにそれぞれフリーで話してもらいます。

そしてその場で質問に答えたり、心がスムーズに前に進むような捉え方の解釈に置き換えたりします。

そして更に、
あらかじめ組み立ててきたレッスンの内容をその日に生徒さんの体調や必要とする内容に瞬時に組み立て直してしまいます。

なので、一方的に教えてもらう運動系のレッスンとは少しイメージが違うかもしれません。

かなり双方向。

生徒さんと一緒にレッスンを作り上げていく感じです。

定期レッスンは複数で行なっているので、誰かの悩みについて問題解決の解説をしている時に隣の人が深くうなずいて納得している

なんてことが起きます。

ベテラン生徒さんは不調の時ほどレッスンに参加する

レッスンに参加し始めて長い生徒さんほど、
怪我をしたり、体調が悪い時でも、なんとかレッスンに来ようとします。

無理して来てくださいって言っているんじゃないですよ。

レッスンに来たいみたいです。

怪我をしたから上手な体の動かし方や不調になったから少しでも楽になる方法を身につけて

セルフメンテナンスしようと思ってくださるんですね。

そうそう、自分の体は自分で治せる。

昨日からめまいが出ていて今日のレッスン来れるか不安でした

生徒さんのお一人がめまいの症状が出ている事をお話してくださいました。

めまいって怖いんですよね。

急に平行感覚を失って自分ではコントロール不能になるので。

さて、私が準備していたレッスンは
足の関節をゆるめて足裏のアーチを良くし接地面の違いを楽しみながら安定して歩くレッスンでした。

でも生徒さんのおひとりは めまい があるので、それも改善できるレッスンにしたいわけです。

症状が出ているので目視でスキャンしてみると

・首の2番目の骨が右にずれて回転してます。
・頭蓋も歪んでロックしています。

めまいは首から来ている事は多いです。

どうしようかな。

と一呼吸考えたら、「足からバランス整えて一番上の歪みの調整ができるようにしよう!」とレッスンの組み直しです。

という事で、
準備していた足の関節をゆるめるケアをレッスンして足裏が調整できたら

◆歩きながら胴体をバランス
◆そして首をゆっくり色々な方向に傾けながら楽な首の位置でキープしたまま歩き続ける。

脊椎のバランスが良くなると一過性の関節のロックは外れやすくなりますから、完璧とはいかないまでも自分で歩きながら調整できてしまいます。

「あ、楽になった!」と生徒さん。

「良かった、良かった!」と私。

そんな調子で今は定期レッスンのクラスは3つ開講していますが、3講座ともちょっとずつ違う内容になっています。

そんな双方向のレッスンをみんな楽しみにしているから私も生徒さんも飽きる事なく続いていってるんでしょうね。

自分の体も心も一生モノ。
いつまでも美しく大切に扱ってあげれるようになりましょう。