鳥の人はついに大空を飛び回り始めた!

セッション回数62回。かかってる月日は2年と1ヶ月。

この60を超える回数を多いと感じるでしょうか。

2年は長いと感じるでしょうか。

でも35年以上もこちらのクライアントさんは鳥カゴに押し込められ、飛ぼうとしても足かせをつけられて引き戻されずっと一人でもがき苦しんでいました。

私のサロンにお見えになった最初の時は仕事のストレスで会社をお辞めになって体も衰弱していました。

子供の頃から喘息がありましたし、慢性的に頭痛も体の痛みも辛さもあちこちにありました。

体力も落ちていて何かするとすぐ疲れてずっと眠たい日々がありました。

私も初回の反応検査やボディスキャンニング後に、これはかなり大変だ!と感じ、

通常は「あなたの体はこれこれこうなっていますが治癒に向けて一緒にやっていきますか?」
と聞くところ、「いやいやもうここまで来たなら今やるしかない。一緒にやりましょう!」そう伝えたのを覚えています。

それからは二人三脚で体と心の症状に向き合い、魂の声を聴き毎回の施術セッションが、気づいては前進。気づいては前進。の繰り返し。

良く変わる途中で体の痛みや身の回りで起きる出来事は目まぐるしく変わっていきます。

体力が出てきて体内に潜伏していたウィルスに反応し肺炎になって咳が出すぎて肋骨が折れた事もあったし、新しい職場にご縁したもののまだ手放せていないメンタルブロックに引っ張られて好ましくない事象に引きずり込まれた事もあった。

自浄作用で涙がどんどん溢れて止まらなくなった事も何度もあった。

それでも諦めずにご自分に素直に向き合い、伝えたセルフケアを次のセッションまで色々やって来られていました。

そして今日。

前回のセッション前から山に登り始めたのは知っていましたが、前回のセッションでまた一つ大きく足かせになっていたものを外し、

だいぶ動けるようになりました!
山に登って尾根づたいにどんどん行ってしまいます!

向こうまで行ったらどんな景色だろう?あそこまで行ってみたい。

興味が勝ちすぎて帰りの体力をどれくらい残しておけばいいかまだ模索中のようですが、

まだ見ぬ世界を見てみたい

これが彼女の想い。

彼女は 明るく聡明で、色々なところに出向き、思ったらすぐ実行するタイプ。

長い長いトンネルを抜けて、ついにとらわれていた足かせを外し飛び回り始めた。

これからが彼女の本領発揮です。

私は彼女が見て来た世界のおみやげ話をする姿が嬉しくてしょうがありません。