呼吸を使って内臓を正しい位置へ移動させ内臓機能を高めてみよう

[今日のテーマ]

◆あっと言う間に理想の現実を引き寄せる自分になる

あるコツを掴んで五感をコントロールし理想の自分をシミュレーションしていくと、段取りや手法がわからなくても、自分が思ったように現実を進めて行けてしまいます。その方法をお伝えしました。

◆呼吸を使って内臓を正しい位置へ移動させ内臓機能を高める

内臓下垂したままではお腹ぽっこり。内臓機能を高めていくには下がってしまった内臓を正しい位置へ戻す必要があります。
内臓が骨盤の外に出ている感覚を修正して呼吸を使いながら脳に教えていきます。
レッスン後にはウエストがキュッと引き締まりました。

◆体の中心の筋肉インナーマッスルを使って脚を上げ歩いて見よう

膝が痛い人はアウターの筋肉ばかりを使って歩いていることがわかりました。アウターの筋肉ばかりでは体を酷使すれば腰痛や坐骨神経痛にもなる体の使い方です。インナーマッスルを使いながら脚をあげるとはどんな感じなのかサポートを入れながら歩いて見ました。
インナーマッスルを使って歩くと体温が上昇して冷え対策にも良さそうです!