年齢のせいと諦めないで欲しい。ゴールを決めて動く人は年齢に関係なく出来る事が増えていく

年齢のせいで昔ほどは出来ない事が増えていくと思っている人は多いと思います。
体は痛いところが増えるし、頭も前ほど回らないし、持病の薬も手放せない。年齢とともにどうしようもないのだと諦めてしまうのではないでしょうか。
 
しかし中には年齢を重ねるごとに意識も体調もどんどん良くなって素敵に輝いて行く方々がいます。
何が違うのでしょう?
 
大正、昭和、平成を生きて来た100歳を超える長寿のご夫婦の言葉が印象的でした。
「来年をどう生きようかと考えている」
 
何歳になっても常に未来に視点を置いて自分がどうなりたいかを決めて行動して行く姿は素晴らしいと思いました。
 
ただ流されていくのではなく、自分で泳いで時代を渡り歩いていく。
 
次のレッスンでは未来に視点を置いて行動できるよう投げかけのワードをお伝えします。
 

[今回のレッスンテーマ]

◆未来のゴールを設定するように会話する

ゴールがある人は何歳になっても出来る事が増えていく。
夜寝る前に自分にかけるある言葉によって希望の未来を現実化します。
その時の思考のコツ
・○○より○○で思考する。
・ビジュアライズして先取りする。
 
レッスンで言葉にすると、こうしたいというのがハッキリできて、頭の中でイメージできるようになります。
  

◆脚の筋肉を上手に使ってまっすぐ座る、まっすぐ立つ

何気なく「よっこいしょ」と座ると脚や腰を歪ませた姿勢になってしまいます。
これを続けていると高齢になった時に使っていない筋肉が増えて立ち上がったり座ったりが困難になるのだと思います。

体重移動をちょっと工夫するだけで立つ動作と座る動作が安定し座った時の姿勢が美しくなります。そして楽です!
 
 

◆腹筋をリキませてしっかり吐く。

ある呼吸法で腹横筋を使う事を意識して使っていきます。
この呼吸法はインナーマッスルを素早く動かすため体が熱くなります。寒い今の時期にはちょうどいいですね。
 
呼吸で普段から無意識に腹筋を使えるようになり、体を支えられると、以前も何度かお伝えしましたが、内臓が正しい位置に収納される為、
・お腹のポッコリ解消
・内臓機能のアップ
・疲れにくい体
・冷えの改善
・精神の安定
などの効果を期待できます。 

◆呼吸で骨盤調整

今回は仙骨が呼吸と連動して動く事を練習。
 
腰が硬くてお尻の動きが連動出来ない方はもれなく頭が硬く、常に緊張性の力みが入っています。
お尻が広がって垂れてしまうのを防ぐというのもありますが、何より常に緊張している事の方が問題です。
 
 

◆足投げ豆まき(2月の行事♪)

二組に分かれてみんなで楽しみながらのゲームです。
このゲームの中には大腰筋を使って脚を上げたり片足でバランスをとったり足裏の関節を開閉する要素が詰まっています。
 
足裏のアーチが楽しんでいる間にできてゲームが終わった後には立ちやすく、歩きやすい事を実感できるようになります。

終わったら皆で豆を食べて今年の健康を祈願しましょう。

◆生徒さんのコメント

17:24 H.K.さん
ありがとうございます✨
言葉だけで聞いていると
直ぐに抜けていきますが
文章にしてもらうと何回も
見返す事が出来てとても
助かります😆
最近特によっこいしょと
言って次の動作に移ります
歪みの原因なのですね✨
呼吸や前向きな気持ちを
持ってハツラツとして
生活していきたいです🎵

17:28 H.Y.さん
確かに!
知らず知らず “よっこいしょ” って言ってる😆
気をつけます😅

17:31 S.Yさん
未来を考えるのはステキなことですね🎵
楽しく想像します🍀
ありがとうございます🎶

18:15 H.Y.さん
明るい未来があると思ったら嬉しいです✨前向きに…😊
ありがとうございます

18:39 W.Yさん
レッスンのたびに
自分の身体や心を見直して
とても、軽やかになります。
日常でも呼吸を意識して
いるのですが、
ゆっくり自分に向き合って
丁寧にセルフケアを
出来ればと思っています。
いつも、私に合ったセルフケア法を教えて下さりありがとうございます😌

19:23 S.Sさん
目標決めて行動する事は前向きになれて楽しいですね😄
呼吸も日頃から意識して行きたいです😊

20:19 T.Y.さん
日々、人生か楽しくなるようなそんな問いかけを自分にしてあげたいと思います😂

21:09 G.J.さん
こんばんは(星)
先生ありがとうございます
今まで教えて頂いた事を、少しづつでも自分に活かせるように努力していきたいと思います☺︎