改めてコロナをどう捉えるか

コロナと共に生活している私たち。

捉え方によってコロナは振る舞いを変え

向き合い方で体の反応ははっきりと変わります。

コロナの始まりの頃にもコロナとの関わり方や

頭の中でどう捉えるかをレッスンの中でお伝えしましたが、

感染者が広がり切った現在の状況下でこれから活動をし続ける私たちは

コロナとどう向き合い、どう捉えておくかを改めてお伝えしました。

その他にも8月のレッスンでは以下のような内容を行いました。

<ボディワーク>
◆座位で脚のエネルギーラインを整えるジグリング運動

◆肩甲骨周りの緩めのおさらい
・肩周りが可動域が広いと何が良いのか

<ボディアライメント>
◆立位アライメント(立つ姿勢の各部位の位置)の詳しい説明
・足部の歪みのパターンと脚のねじれ

<メンタルワーク>
◆記憶をあらい出し思い込みを開放して使える形にしていく
・人生にとって大切な出来事は忘れないようにネガティブな記憶として保存されている
・ネガティブな感覚は脳にとっては栄養源となる
・磨かれていない宝石の原石を探しに人生のタイムラインを歩いてみよう

自然災害が多いここ数年ですが、どんな時も

人生を軽やかに豊かに前進して行くための

心と体のコンディショニングレッスンを毎月定期で行っています。