足裏アーチ2点でバランス

足裏はカメラの三脚みたいに
親指の付け根と小指の付け根と踵の3点で体を支えています。

この3箇所の間は衝撃を吸収する為にアーチ状に骨が組み合わさっていて
前進する時に親指と小指の2点で上手に蹴り出しに使えると良いのですが、
なかなかそうもいきません。

様々な原因で足は変形し骨の位置はズレていきます。

わかりやすいのは外反母趾の方
親指と小指の間の前アーチが崩れ開帳足に。中指あたりにタコができている方もいます。

浮き指の方は
土踏まずのアーチが崩れ扁平足気味です。

今回のレッスンでは親指と小指の2点を使って体を支える
筋肉の使い方や重心のバランスのレッスンを行いました。