バランスよく歩こうと思った時にネックになるのは

レッスンでは最初から歩き方を教えません。

生徒さんに最初にお伝えするのは、 上半身のを弛めるケアの仕方です。

ウォーキングなのに、上半身のケア???
そうそう、上半身。
肩まわりや背中、頭、首、顔なんかもついでに弛めていきます。

歩く時に沢山腕を振れるように??
半分は正解ですが、まだ別の理由があります。

2足歩行する動物は人間の他に何がいますかー?
と質問します

ペンギン。フラミンゴ。ニワトリ。

正解!!  
鳥さん達ですね。

今度、鳥を見かけたらその歩き方をよーく観察してみてください。
首を前後して足を交互に出しています。 

ちょうど公園で鳩を見かけました。
ポッポッポーはとポッポー♪ ♪

2足歩行の鳥達は首の位置でバランスを取りながら前に移動します。

人間は構造上、歩く時に首を前後にしたりはしませんが、首の位置でバランスして立っています。

首の位置が悪いと猫背になり、腰は曲がり、膝に負担が来てしまいます。

よく「姿勢を正して!」と言うと、多くの方は 首の位置はそのままで、

胸を張ります。
腰がそっくり返ります。

体に力をギューっと入れて踏ん張って歩くんですね。

だから、歩くと疲れる。
いつも肩痛い、腰痛い。

なのでこの首の位置を、
人がバランスよく歩ける、正しい位置に持って行けるようにするため、

まず最初に上半身、特に肩まわり、背中、頭、首、顔の筋肉を弛めるんです。

首の位置でバランスとって歩くから、
更に肩、背中、腰は弛んできます。

だから、歩くと体が楽になる。
肩が楽になる。腰が楽になる。

首の位置が正しい場所に持って来れるようになると、
お尻や太もも、ふくらはぎ、アキレス、足の裏まで緩んできます。

そしたら最後はフラミンゴちゃんみたいに、片足立ちもな〜んなく出来ちゃうようになりますよ。